金運アップ基礎知識

四柱推命の「傷官格」とは何?性格や特徴をご紹介!

四柱推命で「傷官格」と言われたんだけど、それってどんな特徴なの?向いてる職業とか知りたい!

四柱推命占いは的中率の高さから、多くの人に人気の占いです。

その中で「傷官格」と言われる人は、どんな人でどんな特徴があるのでしょうか?

性格の特徴からどんな職業に向いているのかなど、詳しくご紹介していきます!

そもそも四柱推命占いとは?

人気の占いですが、「四柱推命」を皆さんはご存知ですか?

まずはこの「四柱推命」についてご紹介していきます。

四柱推命の基本情報

四柱推命とは、陰陽五行説を基にした占いで、生年月日や生まれた時間をベースに運勢を占うというものです。占い師でも難しい占術があり、日本では多くの機関が研究してきました。

四柱推命の人気の理由が、的中率の高さです。陰陽五行や干支を軸として、綿密に計算をし占っていきます。統計を基に結果を出していくので的中率が高いのです。

四柱推命における思考「四柱」とは

四柱推命の名前にもなっている「四柱」ですが、生まれた年をもとにした年柱、生まれ月をもとにした月柱、生まれた日をもとにした日柱、生まれた時間をもとにした時柱という、4つの柱のことを意味します。

この4つの柱をもとにして、「命式」というものが作られるのですが、命式とは、表形式の運命をみるために必要なものです。命式を作ることによって、その人自身の運勢をはじめ、さまざまな事柄が見えてくるのです。

加えて四柱推命は、干支も用いる占いです。十二支は、それぞれ成長している成熟しているなど、ものの状態を表します。この命式と十二支が合わさって、はじめて四柱推命の占いが完成するのです。

四柱推命の歴史

四柱推命は、古代中国で生まれた占いです。四柱推命の思考は約3000年前に出来上がったと言われています。

はじめは占いとは違う概念で利用されていたようで、四柱推命が占いとして利用されるようになったのは紀元3世紀頃のことでした。中国では、政治など国を揺るがすような大事な場面などで利用されていたそうです。

中国では古い歴史をもつ四柱推命ですが、日本に伝わったのは数百年前のこと。仙台藩で四柱推命が発展した書物が翻訳されたことで、日本に広まるようになりました。

「傷官格」(しょうかんかく)について

四柱推命がどのような占いなのかがわかったところで、本題の「傷官格」についてです。

四柱推命の概念の一つである「傷官格」。「傷官格」とはどのような概念なのか、どのような人が「傷官格」と言われるのかなどをご紹介していきます。

「傷官格」とは

傷官は日干に該当する五行から、五行の相生関係で生じられる関係にある異性(日干と五行が同じ)の十干につけられた通変星四番目の因子の名称です。
たとえば日干が甲であれば、丁が傷官に該当することとなります。

と、「傷官格」の説明をよく見かけますが、占い師でも難しい四柱推命の概念です。四柱推命についてよく知らない人からするともっと難しいと思いますので、具体的にご説明していきます。

傷官格の特徴

傷官格の人は、「センスがありアーティストタイプ」と言われる人が多いです。さまざまな幅広い物事をさらりとやってしまう器用さを持っているのが、傷官格の特徴です。

また、自分の見た目や形にこだわります。そのため、「傷官美人」という言葉があるように、美人の女性が多いのも傷官格の特徴です。

傷官格の人に多い性格

傷官格の人は思ったことをはっきり言う人が多いです。言葉を濁さずストレートにものを言ってしまうので、気が強いと思われることが多い可能性があります。

そして傷官格の人は、分からないことや気になること、納得ができないことに対して「なぜ?」という疑問をストレートにぶつけます。めんどくさいやつと思われてしまうかもしれませんが、わからないことをわからないままにできないだけの素直な性格の持ち主なのです。

その反面、精神的に敏感な心を持っているので、人目をすごく気にしています。

これは四柱推命の「身強(みきょう)」「身弱(みじゃく)」という概念が関係しています。これは、自我が強い時・弱い時を見ることができます。

傷官格の人が人目をすごく気にしてしまう時は、自我が身弱になっている場合が多いです。

ただし、見た目や形へのこだわりがある傷官格の人は身強の時でも人目を気にしていることが多いです。

また、束縛されるのをとても嫌う性格です。束縛されないよう一人になりたいと孤立するのも、傷官格の性格の一つです。

尖った性格に見られがちなところもあるので、人によっては他人との関わりを避けるようにする人もいます。

向いている職種とは

ご紹介している通り、傷官格の人は物事をストレートに言うタイプが多く、社会のルールなどに対して疑問が出てしまうと納得ができるまで「なぜ?」と問い詰めるような形になってしまいます。その為、団体行動に向いていない可能性があります。

ただ傷官格は「センスがありアーティストタイプ」です。

我が道を進みながら、常に新しいアイデアを生み出しつづける職業が天職となるでしょう。

エンジニア

職人

専門的な研究者

フリーランス

コンサルタント

上記のような、一人でどんどん進めていく職種が傷官格の人にはオススメです。

傷官格の異性との恋愛を上手くやっていくには

傷官格の異性との恋愛は、あなたがコントロールする関係を築けると上手くいくでしょう。

具体的な方法をご紹介します。

傷官格は人付き合いが苦手

人目を気にして孤立してしまうことがる傷官格の人は、やはり人付き合いが苦手です。本当は仲良くしたいと思っているのですが、余計な一言を言ってしまうかもしれないので、上手く人付き合いができないのです。

ただ上手くいかないと思い込んでいるだけの可能性もあるので、あなたがリードする形で会話を進めてあげ、傷官格の異性を安心させてあげるようにすると、関係がとても上手くいきます。

傷官格の異性を否定することなく、肯定してあげるように会話を進めると好意を抱いてくれるようになるでしょう。

助言は素直に聞き入れる

親密な関係になってくると、傷官格の異性はあなたに対していろいろと指摘や助言を言ってくるかもしれません。傷官格の人は悪気なく良かれと思って言ってくれているかもしれませんが、言われた方は素直に聞けないようなことも言ってくるかもしれません。

関係を上手く続けたいのであれば、否定をせず素直に聞き入れてください。頭の回転が早い傷官格の人は、的外れなことはあまり言わないはずですので、耳を傾ける姿勢を忘れないようにしましょう。

才能あふれる天才肌の傷官格

いかがでしたか?

傷官格の人は見た目が綺麗で天才肌の人が多いのが特徴です。

天才肌故に、一般人にはどうしても理解しがたい発言をたびたびしてしまうかもしれませんが、それも傷官格の特徴と覚えておけば、傷官格の人が悪意があって言っているわけではないと分かるので、話に耳を傾ける姿勢を忘れず、否定しないで向き合っていきましょう。

傷官格の人も、自分の特徴を把握して向いている職業などを選んでみると、新しい才能に出会えるかもしれません。可能性をいろいろと探してみるのもいいかもしれませんね。