占い

宝くじを買うならバラと連番どっちがおすすめ?【当選確率を上げる買い方】

宝くじを買おうと思っているけど、バラと連番どちらが当たりやすいのかな?

宝くじの買い方のバラと連番どっちで買おうか悩んでいる人は多いと思います。今回は買い方の悩みについて解決していきます。

本記事の内容

宝くじを当てて贅沢な暮らしや、自分の好きなものを買いたいと考えたこと一度はあると思います。

一等を当てる確率は確かに低いのですが、その確率を上げる方法は存在します。今回は、宝くじを買う際に確率を上げる方法と、手相で分かる宝くじの時に効果を発揮する線を紹介します。

本記事の信頼性

運営者情報:まねこ

この記事を監修している私まねこは、会社に縛られて生活したくないと思い、金運アップグッズに望みを託した結果、お金が舞い込むようになりました。今は自由に自分の時間を楽しみながら、月に100万以上の収入を得られるくらいの幸運を獲得したのです。

バラと連番とは?

宝くじを購入する際の方法は2種類存在します。

一つ目は「バラ」で買うやり方です。名前の通り組も番号も全てバラバラで買う方法です。この買い方は1枚からでも買うことができ、手軽に行えることも特徴です。

二つ目は「連番」という方法です。連番は、組と番号が同じで下一桁だけが違い、連続で並んでいることが特徴です。バラとは違い1枚から買うことができず、10枚で一セットになっています。

それぞれのメリット・デメリット

バラと連番それぞれにメリットとデメリットがあります。それを踏まえたうえでおすすめを紹介します。

バラのメリット

バラで購入すると、組と番号が全て違うのでどの組の番号がきても最後まで期待できることがメリットです。

宝くじを多く買う方にはおすすめで、連番と同じ枚数買った際に、一等と前後賞のどれかが当たる確率が、2.5倍の差がありかなり大きいことが分かります。

連番のメリット

連番で買うと高額当選した場合バラで買うより、多くのお金をもらいやすくなります。

宝くじには前後賞というものがあり、運が良ければ一等を当てた時にその前後の番号が当たることで、高額当選の報酬とさらにもらえることがあります。

このメリットは連番でしか狙えずバラでは得ることができない旨味になります。

バラのデメリット

当たる確率は確かに連番より高いですが、高額当選した際には少額になることがデメリットになります。

一等を当てた際はその前後賞を狙うことはできず、連番で当てた時と比較するともらえる額は必ず少なくなるので注意しましょう。

連番のデメリット

デメリットは組が外れている時点で、当たることはないということです。当たった際は大きいですが、組違いで期待値はなくなるため最後まで希望を持てることはありません。

結論

ここまでそれぞれのメリットとデメリットを解説しましたが、それを踏まえておすすめはバラになります。

まず宝くじを当てる確率自体凄く低く、一等を当てる確率は1000万分の一といわれており、困難なことが分かります。

当たってから貰える額が増える確率を上げるよりも、一等を当てる確率を上げたほうが結果につながりやすいです。

確率は低くても連番とバラでは2.5倍もの差があるので無視できない数値でしょう。

連番とバラどちらがおすすめか分かったところで、バラで買う際にその確率をさらに上げる方法を解説していきます。

 

バラでさらに確率を上げる買い方

①縦バラ

縦バラとは、10枚で1セットを3セット買う方法です。確率が上がる理由は、バラで連番3枚を10通り買うので、連番でメリットだった一等と前後賞がバラでも狙えます。

このやり方は当たる確率を高めつつ、+αも期待できるおすすめの買い方です。

縦バラを行うためには、一般的に宝くじの値段300円×30枚で9000円を準備する必要があります。

②特バラ

特バラとは、1組~100組までのくじを1枚ずつ買い、下二桁の数字を連番で購入する方法です。

このやり方は100枚買う必要がありますが、最低保証の6000円は必ず当たることが約束されており、さらに高額当選の期待も持てるお得な方法です。

必ず6000円が当たる理由は、下二桁の当選が一回3000円と下一桁当選が10回で3000円当たるので、たくさん買うときはおすすめです。

通常で買う際は、300円×100枚で30000円必要になります。

ここまでで宝くじの確率の上がるおすすめの買い方を解説してきました。後、宝くじを買う際に大切なのは運気です。

確率を最大限に上げた後は、運気も限界まで高まった状態で臨みたいですよね?

これから紹介するのは、運気が良い時に現れる宝くじに効果絶大な手相を紹介していきます。

宝くじに効果がある金運手相

覇王線

この手相は金運を望める手相の中でも一位・二位を争うほどの、強力な力を持っており、偉業を成し遂げた人に多く見られる線です。

この相の特徴は、一つのことを努力し続けると報われるといわれており、宝くじにおいても地道に買い続ければ高額当選するでしょう。

ただし注意してもらいたいのが、強力な効果を持っていますが、努力し続けないと効果を失う点です。サボらずコツコツ続けることが大切になってきます。

スター線

スター線が現れたら幸運が訪れる前兆といわれており、金運が最大に高まっている状態です。

この相が出ている時は何事も積極的に挑戦すると大金につながる可能性が高いため、行動的に宝くじを購入することをおすすめします。

また、この線は短期間で消えてしまうことも多く、出現した際は直ぐに行動に移すと良いでしょう。

ラッキーM線

この線の特徴は、何か一つの運気が良いわけではなく、すべての幸運を引き寄せる効果を持っています。

他の線と違い金運に特化しているわけではありませんが、実は願いを強く引き寄せるといわれており、自身の想いが強ければ強いほどその気持ちに応えてくれるでしょう。

宝くじを買う時は、当てたい気持ちを最大に高めた状態で買いに行くのがおすすめです。

また、この線の持ち主は穏やかな人が多く、周りに恵まれており尊敬されるので、人生を楽しく過ごせる、とても幸運な手相です。

太陽線

太陽線は金運や幸運、人気運を現している線になります。この線が長いほど、強い金運を得られるとされています。

成功している人は、ほとんどの人が持っているとされており、お金持ちによく見られます。

この線が現れている人は人気者であることが多く、人に好かれ良い人間関係を築けるとされています。

また、はっきりと線が見えているとより良いとされていて、大きなことを成し遂げる時に絶大な効果を発揮するでしょう。

福つかみ

手の中央にほくろがあることを福つかみといわれており、とても縁起が良いとされています。ただし、どの線にも触れていないことが条件です。

名前の通り幸運を引き寄せる効果があり、特に強いのが金運を招く力です。宝くじを買う際にもその力を発揮され、高額当選をつかみ取ることでしょう。

福つかみはとても珍しく、めったに現れないので、出た人はその幸運を活かして行動することをおすすめします。

まとめ

ここまでいかがでしたでしょうか?宝くじでおすすめの買い方を解説してきました。当たるかどうかは運が絡みますが、確率を上げることは可能なので、諦めず少しでも上げることが大切です。

買い方を決めたら手相を確認し、紹介した相が出ていれば迷わず購入することをおすすめします。最高に運気の高まった状態なので、積極的に行動しましょう。

ビビッドオーラバースカード