金運アップ基礎知識

金運アップのお供!縁起の良い可愛い動物たち

みなさんこんにちは!

みなさんは金運アップにまつわる動物たちを知っていますか?

何種類かなら知ってるよという方も多いかもしれません。

今回はそれらの縁起の良い動物たちと、そう言われるようになったきっかけなども合わせてご紹介したいと思います。

金運を呼ぶ動物として有名な猫

真っ先に浮かべたのはこの動物ではないでしょうか?

招き猫といえば金運の象徴みたいなものですよね!

猫にはネズミを狩る習性があり、農作物を扱っている農家にとっては昔からとてもありがたい存在でした。

この習性により猫が縁起の良い動物として扱われ、住み着いた家や飼っている家は商売繁盛につながると言われ始めたのです。

招き猫と広く言われるようになったのは江戸時代からなのですが、その当時は生息している猫の数が今ほど多くなく猫を飼うことも一般的ではありませんでした。

そこであるお店の主人が、猫が飼えないのなら代わりに猫の張り紙だけでも貼ってみようと思い張ってみたところ、お店の商売が急に繁盛し始めて

それを見た周りの商人たちも次々に真似し始め、張り紙の猫で客を招くという習慣が生まれていったみたいです。

そして次第に絵を張る習慣が置物を置く文化へと変わっていき、現在では招き猫の置物として知れ渡っています。

ちなみに猫が招くときに挙げる手なんですが、

右手はオス猫を表し金運を招く

左手はメス猫を表し人運を招く

と言われています。この話を聞いたとき性別を統一して両手を上げればいいのにって思ってしまいました…(笑)

 

お金をもたらしてくれると言われる金魚

二つ目は金魚です。

なんとわかりやすいのでしょう!名前からして金の魚(笑)

金魚は元々中国からやってきた生き物で、中国読みでもキンギョなのですが、これが中国ではお金が余るという意味の「金余(キンギョ)」と同じ発音となっているため金運の象徴として扱われています。

また金魚の色で多い色は赤ですが、「赤」は風水的に幸運を呼び込み、邪気を払う色であり、このことも金魚が縁起のいい生き物と言われる由縁です。

ところでなぜ全然金色ではないのになぜ金魚というのでしょうか?

これには正直いろいろな説がありまして、

昔はもっと黄色に近い色だったとか、やってきて間もない戦国時代には大変珍しく、金と同じくらい価値のある生き物だったとか言われています。

どちらにしろ、とても飼いやすく見た目も綺麗なので、金運アップのお供としては最適なのではないでしょうか?

お金が帰ってくると言われるカエル

気持ち悪い?それとも可愛らしい?
開運動物3つ目はカエルです。

この由来はわかりやすいですね。「お金が手元にカエル」です。

日本語じゃねーか!!と思った皆さん。
確かにその通り!

日本語のダジャレからきており、外国では別に金運アップの動物ではありません。

ただ、信じる者は救われるです。

現に僕の知り合いのお金持ちカエル可愛いのストラップを

金運アップのパートナーとして身に着けている人も多いです。

実際のカエルは苦手な人も多いと思いますので、このようにストラップとして身に着けておくくらいがよいでしょう。

幸せを招く鳥である、フクロウ

4つ目はフクロウです。

理由としては

「不苦労」→苦労がなく暮らせる

「福籠」→福がこもる

「福老」→幸福に老後を迎える

として縁起の良いイメージと結び付けられているからです。

またダジャレじゃねーかと思いましたか(笑)?

ちゃんと別の理由もあるので安心してください。

フクロウは180度首が回る生き物ですが、

借金で首が回らないと正反対の意味として、お金に困らないという意味も備えているのです。

でもまあ、フクロウは値段がとても高く、飼うのがとても難しい動物らしいので小さな置物を玄関に置いておくのがよいでしょう。

金運アップの申し子、ウサギ

5つ目はウサギです。

彼らは、愛くるしい見た目に加え、たくさんの幸福な意味を持つ動物でもあり、海外でも縁起の良い動物として知られています。

一つ目はぴょんぴょんと跳ねるその特徴です。

野原などを跳ね回るその様子が「飛躍」や「向上」、「活発」をイメージし
ビジネスや学業、ひいては人生における発展を意味します。

2つ目は彼らの長い耳です。

そのピンと張った耳が、世の中に散らばっている幸運を拾い集め運気アップにつながるといわれています。
また情報をすぐにキャッチし、世の中の流れに置いて行かれないという意味もあります。

3つ目は彼らの繁殖能力の高さです。

ウサギはとてもたくさん子供を産む動物として知られており、そのことが
「安産」「子孫繁栄」の縁起物として親しまれているのです。

最後は、お月見と一緒に連想される月です。

真ん丸な形が円満な人間関係を表すだけでなく、
色に輝くその様子が金運アップの象徴として扱われています。

そしてそこで餅つきをしているウサギがその月の効果をもたらすとされているのです。
ウサギはこれらのたくさんの意味を持ち合わせ、なおかつペットとしても人気ですので
飼うのにもとてもオススメの動物です。

ただ、事情で飼えなかったり、飼うのが怖いという方もいると思いますので
そのときはウサギのぬいぐるみや置物でも十分効果を発揮します。

占いにおいて大事な方角である東が卯(ウサギ)の方向なので、東にウサギのグッズを置くと効果が絶大だと言われています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
金運アップの動物は、このようにたくさんいます。

ですが、大切なことは、一緒に歩いて行くのは自分。

自分が本当に好きな動物のグッズを選んだり、そのような動物を飼うことが、長い人生において、本当に大切なことのようです。

ABOUT ME
アバター
まねこ
お金が大好きで金運アップの研究を数十年続けているまねきねこ。 見るものに金運をもたらすと、言われているとかいないとか…