金運アップ基礎知識

オッドアイの猫がもたらす幸運とは?出会うと金運アップの効果も!

次へ
オッドアイっていう種類の猫がいるみたいなんだけど、どんな猫なのか教えて!

本記事の内容

オッドアイの猫を見たことはありますでしょうか。

左右の目の色が違っており、とても神秘的です。「金目銀目」という呼ばれ方もしています。見た目がとても美しく、遭遇すると運気が上がるといわれています。

今回は、そんなオッドアイの猫が招く幸運について解説します!

 本記事の信頼性

運営者情報:まねこ

この記事を監修しているまねこは、オッドアイの猫を見たことがあります。オッドアイの猫と遭遇してから、小さな金運が舞い込むように。そのようなこともあって、本記事で情報を共有したいと考えました。オッドアイの猫だけではなく、さまざまな金運アップの情報を網羅的に把握して、愚直に行動していくことで、成果が出ると確信しています。

次へ

オッドアイの猫とは?

オッドアイとはそもそも何か、よくわからないという人は多いと思います。ここでは、オッドアイについて説明します。

オッドアイって?

猫などの動物の左右の目の色が違うことを、オッドアイと言います。虹彩異色症と呼ぶことも。「オッド(odd)」には、「奇数、風変わりな」などの意味があります。

ちなみに、人間でもオッドアイになる場合があります。

オッドアイの原因

オッドアイは猫に発症するケースが多いといわれていますが、原因は完全には解明されていません。

どんな猫にも発症するといわれていますが、特に白猫がオッドアイをもっている確率が高いです。

白猫の約25%ほどがオッドアイだといわれています。

幸運をもたらす?

そもそも、白猫自体が生まれる確率も低いのですが、さらにオッドアイをあわせてもっているケースは、かなり希少です。

その希少性ゆえに、オッドアイの猫は幸福をもたらすと言われています。

また、日本では金目銀目などと呼ばれ、縁起の良いものとされています。日本でも、とても神秘的な猫として扱われてきたのです。

オッドアイの猫が招く幸運

オッドアイの猫は幸運を招くといわれています。とても珍しい猫であるために、幸運のシンボルとして扱われていることが多いです。

金目銀目

オッドアイの猫は幸運を招くといわれており、日本では「金目銀目」と呼ばれ、縁起ものとして扱われてきました。

片目の色が黄色で、もう片方の目が淡い青色もしくは灰色の猫を指しています。

タイではオッドアイの猫を「ダイヤモンドの瞳」と呼んでいるそうです。

日本と同様に、オッドアイの猫にはなかなか出会うことができないので、幸運のシンボルとして位置付けられています。

金運を招く!

オッドアイの猫は、金運を招くとされています。

オッドアイは白猫に多いです。

白猫と言えば、「招き猫」。招き猫は、家の守り神としても重宝されており、幸運をもたらすともいわれています。

白猫は幸運でけではなく、金運をアップしてくれるのです。

白猫のなかでも、オッドアイをもっている場合、より強い金運をもたらしてくれるでしょう。

そのため、招き猫を金目銀目の状態にすることで、より大きな金運を招くことができるといわれています。

オッドアイの猫の特徴

オッドアイの猫について、具体的に解説します。目の色や、オッドアイの原因、種類や寿命についてです。

目の色

オッドアイは片目が青色、もう一方の目が別の色になります。

橙色、黄色、茶色、緑色のどれかになるとされています。

オッドアイの先天的な原因

オッドアイの猫は「虹彩異色症」という先天的な色素異常をもって生まれたといわれていますが、原因は解明されていません。

オッドアイは白猫に多く、片目が青いのが特徴です。

目が青くなる原因は、メラニン色素の量が抑制されていることによるものだといわれています。つまり、目の色素量が普通の猫よりも不足しているということです。

オッドアイの後天的な原因

オッドアイの猫になる原因は、先天的なケースのみではありません。

後天的にオッドアイになる可能性もあります。

病気や怪我が原因でオッドアイになってしまうこともあるのです。

外的要因によって、目のメラニン色素の量が変化することがあるからです。

その変化が片目だけに発生した場合、オッドアイの猫になります。

オッドアイになりやすい猫の種類

白猫がオッドアイになりやすいといわれています。

白猫の中でも、オッドアイとして生まれてくる確率は約25%だといわれています。

オッドアイをもって生まれる猫に多い品種は、以下のとおりです。

ヴァン猫

ターキッシュバン

ターキッシュアンゴラ

ジャパニーズボブテイル

ジャパニーズボブテイルは、古来より日本に生息していた猫で、招き猫のモデルとされています。

ペットとしても人気のある猫ですので、ペットショップなどでジャパニーズボブテイルに絞って探すと、オッドアイの猫に出会えるかもしれません。

性格

オッドアイの猫は繊細で、神経質な一面があります。

他の白猫と比べて見た目が目立ちやすく、敵が多いのが理由だといわれています。

そのような過酷な状況の中で生きていく必要があるので、一般的な猫よりも賢いという評価もあります。

寿命

オッドアイの猫は、その見た目の美しさや幸運をもたらすとされていることから、人気がとても高いですが、病気を抱えているリスクも高いというデメリットがあります。

そのため、オッドアイの猫は寿命が短いといわれています。

特に野生の場合は、聴覚障害はかなりのデメリットとなります。オッドアイの猫は目立つので、外敵から狙われやすい上に難聴だと危険だからです。

しかし、室内で飼育する場合には、一般的な猫と同じように長生きするケースも多いようなので、環境づくりが大切になります。

オッドアイの猫にストレスを与えないような環境をつくってあげることが大切です。

オッドアイの猫を飼育する際の注意点

幸運をもたらすとされているオッドアイの猫。しかし、オッドアイの猫はとても繊細で、飼育難易度は高めです。

長く付き合っていくためにも、オッドアイの猫を飼育するポイントについて説明します。

直射日光を避ける

オッドアイの猫は色素が薄く直射日光に弱いので、注意しましょう。

猫がよくいる場所の日当たり具合を確認したり、カーテンの開け閉めを徹底したりするなど、しっかりとした対策が必要です。

ストレスを与えない

オッドアイの猫は、聴覚障害をもっているケースも多く、繊細でストレスを感じやすいです。

そのため、周囲への警戒心が強いといわれています。

オッドアイの猫にストレスを与えないように、大きな音を出したり、驚かしたりするようなことは避けましょう。

事故に注意する

オッドアイの猫は、聴覚だけではなく視力も悪いことが多いようです。

一般的な猫よりも事故にあうリスクが高いので、より安全な環境を用意してあげましょう。しかし、安全な環境を用意しても脱走の恐れはありますので、猫から目を離さないように注意してくださいね。

一般的な猫よりも警戒心が強いので、特段の注意が必要です。

まとめ

今回は、オッドアイの猫について紹介しました。

オッドアイの猫とは、左右の目の色が違う猫のことです。

片目が青色でもう一方の目が別の色となります。

橙色、黄色、茶色、緑色

日本では、このようなオッドアイの猫のことを「金目銀目」と呼んでいます。

このようなオッドアイの猫は、白猫に多く、生まれてくる確率は約25%だといわれています。とても希少性が高いので、なかなか出会えません。

オッドアイの猫に多い品種は以下のとおり。

ヴァン猫

ターキッシュバン

ターキッシュアンゴラ

ジャパニーズボブテイル

オッドアイの猫は聴覚障害や視覚障害を患っていることもありますので、飼育難易度は若干高いです。注意深く飼育しないと、事故につながってしまうこともあります。

警戒心も強いので、慎重に飼育しましょう。

今回は以上です。

次へ
RELATED POST