金運アップグッズ特集

財布を寝かせると金運がアップする?財布の寝かせ方とは。

財布を寝かせるって?
どのくらい寝かせたら良いの?
金運が上がるために気を付けたことがあるのかな。

皆さんはどんな時に財布を変えますか?
「古くなってきたから」とか
「ただ何となく」
などなど、他にも色々なケースがあるのではないかと思います。
そうして、色々吟味して気に入ったものを見つけて、
さあ使うぞ!とすぐに使い始めたいところですが、
風水では、
「財布は、使い始める前に少し寝かせた方が金運が上がる」
という考え方があります。
でも「寝かせる」って?
イマイチわかりませんよね。
この記事では、財布を寝かせることの意味とか、寝かせ方、
その他の注意点などをご紹介してみたいと思います。

本記事の信頼性

運営者情報

この記事は、金運アップコレクター、まねこが監修しています。

ドン底を経験し、金運アップに救われた私が、
「生活レベルをアップしたい」と思い、本当に様々なグッズを試した結果、
実際に自分で試して効果があったものをご紹介しています。
今回は、金運アップに必要な、財布の寝かせ方について、ご紹介しています。

財布を寝かせて金運を上げるには

財布を寝かせるってどういうこと?

新しい財布を買ったらすぐに使いたいところですけど、
風水では、しばらく置いておいてから使い始める方が
金運に良いとされています。
この期間を「寝かせる」と言います。

でも、ただ漫然と置いておくだけではダメで、
どのくらいの期間、
どこに置いておいて、
いつから使い始めれば良いのか、
決まりがあるのです。
順番にご紹介して参りたいと思います。

なぜ「寝かせる」のか

風水では、財布も生きていると考えています。
人間も動物も、休むことで運気が高まったり、
気力が充実したり、体力が回復したりしますよね。

財布も同じです。
生き物なので、休ませてあげることで元気に活躍してくれる
ようになります。
まずは使い始める前に十分に体力を蓄えてもらって、お金を蓄える気分になってもらうことが重要というわけです。

実際にお財布を寝かせる場合のおさえどころは

お財布と一緒に寝かせると良いものは?

ズバリ、お金です。
お財布が活動(使用)を開始すると、常に一緒にいるものはと言えば、お金ですよね。
でも、財布も生き物であるわけですから、ある日いきなり
このヒトと仲良くしてね!とばかり、お金と一緒にされても戸惑ってしまうでしょう。
人間関係と同じです。
これから長い付き合いになるに違いないお金とは、やはりじっくり時間をかけて仲良くなってもらう方が良いに違いなく、
そのために一緒に休んでもらう方が良いのです。
財布には、予めお金が一緒にいることの感覚を覚えてもらうことが重要で、
そのために最初から一緒になっておいてもらいたいというわけです。

さらに、お金にも色々な種類があります。
1円玉から1万円札までありますが、感覚を覚えてもらいたいので、お札、しかも新札の方が良いです。
新札を相応額入れておくことで、お財布はその状態を感触的に覚えてくれます。

一緒に寝かせる金額は?

新札の1万円札を用意しましょう。
向きを揃えて(普段からされる方もおられると思いますが)
入れておきます。
枚数としては、財布に感覚を覚えてもらうのが目的なので、
多ければ多いほど良いのです。
一番良いと言われているのは、100万円の新札で帯がついたものですが、なかなかお目にかかることも難しいかもしれません。
その場合は、お札と同じサイズの紙を99枚用意して、一番上に1万円札を載せて100万円(のように見える)にするという方法でも良いようです。お金が欲しいというパワーを神様に伝えることが大切なんですね。
と言いつつ、新しく買った財布が紙幣100枚も入らないこともあるかもしれませんので、そこは無理のないように調整してください。
無理に入れようとして、新しい財布が壊れてしまうといけませんので・・・。

それと、5円玉も一緒に入れておきましょう。
お賽銭などでも5円は「ご縁」につながるということで使われることが多いですよね。
同じように、お金にご縁があるようにとの願いを込めて5円玉も一緒に入れると良いようです。
その際、新札同様、新しい5円玉が良いのですが、なかなかお目にかかれるものではありません。
その場合は、そこそこ綺麗なものを選ぶか、自分で磨いたりしても良いようです。

どのくらいの期間?使い始めのタイミングは?

1週間から、長くても10日くらいにしましょう。

先ほども申した通り、お財布は生き物として考えますので、生き物同様に運気を持っています。買った時が一番運気が強く、徐々に弱まっていきますので、ちょうど良いのは1週間、長くても10日くらいにするのが良いようです。
余談になりますが、この運気は3年で消滅すると言われています。
3年ごとに財布を買い替えて行けば、常に運気の強い財布と一緒にいられるということに
なるのです。

寝かせる期間にも増して重要なのは、使い始めのタイミングです。
使い始めのタイミングを見計らって財布を寝かせ始める、つまり
この日から使い始めよう、というのを良い日を選んだら逆算して7日~10日前から寝かせ始めるのがベスト、ということになります。

タイミングの良い順番に書きますと
1番:天赦日
2番:一粒万倍日
3番:大安
となります。

天赦日とは?

天赦日というのは、あまり聞きなれない言葉ですが、文字通り
「すべてが許される日」と言う意味で、吉日としても財布を使い始める日としてもベストとされています。
その分、日が大変少ないのです。
2020年は、
6月20日(土)
9月2日(水)
11月1日(日)、17日(火)
と数えるくらいしかありません。

一粒万倍日とは?


一粒万倍日は
一粒が1万倍にも増えるという意味で、何か新しいことを始めるのには最適とされています。
2020年は
4月27日(月)、30日(木)、
5月13日(水)、24日(日)、25日(月)、
6月8日(月)、20日(土)、
7月1日(水)、2日(木)、14日(火)、17日(金)、29日(水)
8月8日(土)、13日(木)、20日(木)、25日(火)
9月1日(火)、9日(水)、21日(月)、
10月3日(土)、9日(金)、18日(日)、21日(水)、30日(金)
11月14日(土)、15日(日)、27日(金)
12月10日(木)、11日(金)、22日(火)、23日(水)

大安とは?

大安はおなじみですよね。
結婚式なども行われるくらい、縁起の良い日とされています。
6日に一度来ますので、一番タイミングが取りやすいと思います。

上記日程の中で、一粒万倍日と大安が重なる日があります。
4月30日(木)、5月24日(日)、12月10日(木)、
です。
さらに、一粒万倍日と天赦日が重なる最強の日が、2020年に2日だけあります。(そのうちの1日は1月でもう終わってしまいました)
6月20日(土)です。
もしタイミング的に合いそうならば、使い始めはこの日をお勧めします。

実際に寝かせてみよう

具体的な寝かせ方は?

「寝かせる」という言葉は、「パン生地を寝かせる」とか「うどんをこねて一晩寝かせる」などの時にも使われます。
この場合は、適当に時間をおいておくくらいのお話ですが、
財布を寝かせる場合は、それにもちゃんとしたお作法がありますので、
それについて書いていきます。

寝かせる方角

元が風水ですから方角は重要です。
財布を寝かせるのは、「北」が金運アップの方角なので良いとされています。

どんな風に寝かせればよいか

財布に寝ていただくわけなので、寝やすいようにしてあげる必要があります。
明るいと寝づらいですよね。薄暗く、日光が当たらないようにする、要するに「寝室」の感覚で考えて頂ければよいと思います。
で、実際に寝て頂く際ですが、ただ横にしておいておくだけでは気持ちよく寝てもらえません。
お財布も生き物であると考えると、ふとんや枕、ベッドなどを作って暖かく気持ちよく寝てもらうようにする必要があります。
ご自分で作っても良いですが、霊験あらたかとされている由緒あるお財布用お布団も販売されていますので、ご興味があれば検索してみてください。

まとめ

新しいお財布を買ったら、使い始める前に以下のことを試してください。

  1. 家の北側に薄暗い寝室を用意
  2. 新しい財布に新札をできるだけ多く入れる
  3. 1週間から10日程度、布団やベッドに気持ちよく寝かせる
  4. 財布を使うタイミングを、吉日からになるように合わせる

皆様が、新しいお財布でいつも金運に恵まれますように。